ばしっ子ドットコム

博文さん

Written on 2020年4月15日   By   in 未分類

下村博文さんの秘書さんから電話があったので、何事!?って思ったら、新型コロナウィルスで、何か困っていることは無いでしょうか?という電話だった。
父は、博文さんととても親しくさせていただいていたので。

我が家としては、今のところ困っていることは全くないので、そう正直にお伝えして、ただ介護施設でマスクや消毒液といった衛生用具が不足していて困っているようです、ともお伝えした。

それならば安心いたしました。
介護施設のそういったお声は良く聞いておりますので、対応を急いでおります。
何か困ったことがあれば、いつでもお電話ください。
とおっしゃってくださいました。

 

もちろん、父の葬儀に博文さんがいらして下さったことへのお礼もお伝えしたと同時に、あのとき、博文さんが父の遺影に話しかけていた様子を思い出して、あらためて父を尊敬した。

 

重症の花粉症だったのと、潔癖症なので、もともとマスクと消毒用アルコールは備蓄もあって、友人にシェアしたくらい。
で、もう残り少ないけど、困ったときは助け合うのが父のモットーだったので、残りの半分を介護施設にも寄付する。